ワンちゃん・ネコちゃんの予防接種(ワクチン)について

ワクチンはワンちゃんやネコちゃん同士の伝染病予防の注射です。仔犬・仔猫は、産まれてから2ヵ月後まではお母さんの免疫がありますので、1回目のワクチンは生後2ヶ月頃にワクチン接種を行います。その後、免疫を高めるため、追加接種をお願いしています。
【仔犬・子猫の場合】生後2ヶ月で1回、その1ヶ月後に1回の合計2回
その後は、ワンちゃんネコちゃんともに、1年に1回の追加接種が必要になります。 【ワクチンでご来院の方へ】  ワクチン接種(狂犬病ワクチン・混合ワクチン)により、まれにアレルギー反応が起きる場合があります。アレルギーの症状としては、主に発熱・嘔吐・発疹・顔面が腫れるなどの軽い症状から、非常に稀ではありますがひどい場合ではショック状態に陥り、命に関わることもあります。(アナフィラキシーショック) 当院では、アレルギー症状が起こった場合に適切な対応・処置をさせていただきます。なおワクチン接種は、体調の良い日にご来院ください。ご予約の必要はございません。